2010年04月01日

コーヒー抽出図 2

前回掲載したときから3週間が過ぎてしまったが、その間に図のパージョンがアップしている(つもり)。
そこで今日は改めて最新の図を(今回はもっと大きく)掲載してみます。

抽出図 10年4月1日t500

説明は後日に。。。
(慣れないサイズなどの設定で、すでに時間とエネルギーを使ってしまったので(-_-) )
(了)
2010年03月09日

コーヒー抽出図 1

もう20年くらい書き直しを続けている絵がある。コーヒーをドリップで淹れるときのフィルターの中を図解したものだ。私がコーヒーについて語ろうとするとき、この図なしでは細かなことを説明できない基本の絵なのだが、一方これを解説するのがなかなかに難しい。

これまでも、以前のホームページでこの図を基に私の理解したコーヒーを語ろうとしたことがあるのだけれど、すぐに挫折した。その理由の一つにワードで作ったその図をネットにアップする方法が分からないという、ごく初歩的なことがあったが、最近ようやくそれはクリアした。(キャプチャという便利なものの存在を最近遅ればせに知った)

そんなわけで、今日は何はともあれ画像をアップしてみることに。。。
(了)

コーヒー抽出図 1
2009年09月14日

コーヒーを体で飲むということ

コーヒーを体で飲むということ。
別の言い方をすれば、頭で飲まないということだ。
飲む前から、そのコーヒーの「こだわり」に拘ってしまうと、大概、良否を間違える。

体で飲むというと、「酒を浴びるように飲む」というようなイメージが湧くかもしれないが、そうではなく、あらゆる先入観を排して、飲むということだ。

味覚や嗅覚が刺激されて、美味いとか、不味いとか感じるのは勿論だけど、もうひとつ体が無意識に反応するもっと飲みたいみたいな感じ方がある。
これに従うのが一番的確に、そのコーヒーの良否(美味しさ)を教えてくれると思う。

プロフィール

りゅうこく (流谷)

Author:りゅうこく (流谷)
自家焙煎珈琲ストリームヴァレー
http://www.streamvalley.jp/

Twitter やってます
ユーザー名:streamvalley

「コーヒーがおいしいということと、体に優しいということは、同値である」と考えています。