2011年07月04日

お店のカード

書くことが思いつかなかったので最近少し文章を変えた店カードの裏面を貼り付けることにしました(^_^;)


      おいしい珈琲は体に優しい
「珈琲は多少の苦みを我慢して飲むもの」と思われがちです。
でも少しでも我慢をしていたら、心から!おいしいと感じることができるでしょうか。
珈琲本来の苦みは心地よいものなのに、無用な「雑味」が珈琲を「苦しい 」味にしてしまっているのです。
雑味成分は体に負担を掛けるため、「無理に飲まない方がいいよ」と味覚が教えてくれているのでしょう。
ストリームヴァレーの珈琲が「飲みやすい」と感じられるのは、雑味がなく、体に優しいからなのです。 亭主

コメント

私は、コーヒーが大嫌いでした。
飲むとイガイガして、体調が悪くなり、吐き気がした時もありました。

しかし以前、店主さんのコーヒーを飲んで、感動しました。

きっと私の様な人は多いはず。。。
ぜひ、これからも感動のコーヒーを作ってください。

店主さんのコーヒーは、忘れられない味です。





  • 2011-07-04 23:25
  • URL
  • 小雨 #-
  • Edit

嬉しいコメントをありがとうございました

小雨さま
とても嬉しいコメントをありがとうございます。
小雨さまのように「コーヒーが嫌いだったのに、ここのコーヒーは飲める」とおっしゃってくださると何より嬉しいです。
  • 2011-07-05 02:06
  • URL
  • 亭主 #-
  • Edit

まともに淹れた珈琲は健康に多分悪くない。

先日ある人にコーヒーをふるまったとき、東急ストアで買ったモカもどきと普通の漂白されてないペーパーフィルター、プラスチックのフィルター、ガラスのビーカーで、家庭で淹れるのと全く同じ条件にして行なったところ、びっくりしてました。材料は大して良くないが、一般ピープルはほかに入手の手段が無いのがふつうです。普通の材料でどれだけ身体に悪くないコーヒーを淹れるかといふことも一考の余地あり。

最近はネットで調べれば、そして専門の業者の入手価格よりは高めになるが、専門の業者が入手するのと全く同じ材料が手に入ります。となるとプロならばそれででも、アマとは全く違ふ身体に悪くないコーヒーを淹れることが腕の見せ所になります。

安くて良いものといふのは形容矛盾になるが、少しでもコストを抑制しおいしいコーヒーを淹れるといふのがプロの腕の見せ所。

反面小生の調べた範囲では売値で100グラム4,200円の豆がありました。ブルマンNo1、ハワイコナ、モカ等よりも高い!もしこんなのを仕入れて売るとなると一杯壱萬円は欲しい!でも、誰がそんなのを注文するのか?

あるチェーン店では一杯250円位のがあるがあれは身体に良いのか悪いのか?

ある専門店では出がらしまできっちり抽出し提供してたが、これが身体に良いのか悪いのか?

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

りゅうこく (流谷)

Author:りゅうこく (流谷)
自家焙煎珈琲ストリームヴァレー
http://www.streamvalley.jp/

Twitter やってます
ユーザー名:streamvalley

「コーヒーがおいしいということと、体に優しいということは、同値である」と考えています。

月別アーカイブ